Reviews (7092)

« 1 2 3 4 5 »
Scritti Politti / Songs To Remember
Gettin', Havin' And Holdin'のコーラスワークってビートルズを思わせるものがあって「おお」ってなりませんか。
あとどれもそうなんだけどほのかなラガフレーバー。
Scritti Politti / Early
scritti polittiは"Cupid & Psyche '85"から入った世代。昔ラジオで流れた"Is And Ought the Western World"の荒けずりなガレージっぽさに痺れてずっと探していたんだけど初期のシングルってこともあり入手困難。初期音源を集めたこのコンピでようやく出会えた次第。Songs to Remenberに入っているThe "Sweetest Girl"も素敵。古い音源でも充分聴く価値ある音楽が多いというのは幸せなことだ。
Gastr Del Sol / The Serpentine Similar
先日Bastroのライブを聴きながら、少し前にこの盤を探していたのを思い出したのでユニオンで検索したら即発見。とびついた。Bastroのライブに直結する響き。地続き。
Esperanza Spalding / 12 Little Spells
一刻も早く新作が聴きたくなるアーティストの1人。
PANICSMILE / REAL LIFE
新譜と一緒にこちらも買いました。(※去年フィジカルで買おうとしてそのまま機会を逃していた)
PANICSMILE / PANICSMILE
新年早々(リリースされたのは昨年末ギリギリだけど)のパニスマは良いですね!!!!!
Wire / Document & Eyewitness
昨年久しぶりに入手して以来、割と聴いているかも。シンプルで短い曲をこれでもかと叩きつける様子は確かにパンクっぽい。70年代後半、80年前後にあってリスナーからどう捉えられていたのかは未だによくわからない。
Anekdoten / Until All The Ghosts Are Gone
20分ランダム再生 #running 。年始からいきなり終焉を迎えそうな Writing on the Wall でフィニッシュ。今年も宜しくお願いします!
White Heaven / OUT
仕事が全然納まっていないのに三が日は無事過ごせているようです。明日からが怖い(明日も休みなんだけど連絡は来そう)
Tortoise / Tortoise
昨夜のBastroからTortoiseに繋がるのは自然な流れ。
Bastro / Antlers: Live 1991
BastroはBig Blackフォロワーっぽい顔してジャンクの括りで出てきてドラマー(ジョン・マッケンタイア)が入ったと思ったらポストロックとか言われる音楽のプロトタイプみたいなものを作って4,5年くらいで解散しちゃうという短命ながら高密度の変異を辿った人たちだと今更ながらに思う。もうこれも30年前の演奏って事だよなあ。褪せてないというか、自分がまだここに追いついていない。シカゴは奥深い。ハウス、ミニストリー、シカゴ音響派、Touch And Go。
King Crimson / In The Court Of The Crimson King
iTunesになかったのでクリムゾン公式YouTubeで。DGMで出している音源はボーナストラックつけちゃうんですね。つけなくていいのに。
The Beatles / Abbey Road
Come TogetherといったらPrimal Screamの方を思い出す私ですが、それでもやっぱり空恐ろしいアルバム。今年は家にあるものを聴きなおそう。
Led Zeppelin / Led Zeppelin II
IもIIもIIIもIVも全部図書館で借りた。Houses Of The Holyは何故か借りていない。
Led Zeppelin / Led Zeppelin
今年もよろしくお願いします。
先日51歳になったのですがイノリ君がくれた誕生日メッセージが「レッドツェッペリンの1stと2ndも51歳です」というもので大変恐縮した。
1stと2ndを続けて聴こう。そのあと「宮殿」と「アビー・ロード」も聴こう。
CAN / Monster Movie
Father Cannot Yellばかり繰り返し聴いている
Cv313 / Dimensional Space
年末なのに年末らしくない忙しさ...仕事が納まっていない
« 1 2 3 4 5 »

loading