Reviews (6976)

« 2 3 4 5 6 »
Wire / Document & Eyewitness
10:20をWMOで注文したついでに久しぶりに購入(レコードは売ってしまった)。
12XU (Fragment)、ほんとに断片だけが収録されていて笑ってしまう。

あと後年、コリン・ニューマンのソロに収録される5/10とかwe meet under tablesが既にwireとして演奏されていたりと興味深い
Wire / A Bell Is a Cup Until It Is Struck
先日届いた新譜を聴きつつmute時代のアルバムを中心に聴きなおし
平沢進 / 映像のための音楽 ~平沢進サウンドトラックの世界
先週の平沢師匠の無観客ライブ配信のセトリの中で最も“正気を保つ”のに効いているのは『夢の島思念公園』かもしれない。
A Winged Victory For The Sullen / The Undivided Five
15分 #running 。重厚なアンビエントでフィニッシュ。シャワー浴びて家事こなして夕方まで仕事、、、
Coriky / Coriky
このメンツにピンときたらDischordへどうぞ。トリオっていいなあ。。。

Amy Farina : drums, vocals
Joe Lally : bass, vocals
Ian MacKaye : guitar, vocals

https://www.dischord.com/release/190/st-54
服部峻 / UNBORN
何故かはわからないけれど、この2日間ずっと『Humanity』を無限ループしている。
Hiatus Kaiyote / Choose Your Weapon
20分 #running 。ハイエイタスカイヨーテでフィニッシュ。血流上げてこれから作業。
Lingua Nada / Djinn
15分 #running 。バトルスを明後日の方向にねじ曲げた音楽。
Kraftwerk / Radio-Aktivität
はい、オリジナル盤でなくDer Katalogなのでジャケはこっちです。これあまり大きな音で聴く機会がないんだけど聴こえ方違いますね(当然か)
Kraftwerk / Autobahn
Atom™の音の磨き具合の事ばかり考えていた矢先に来月からクラフトワークのドイツ語版アルバムが全て配信されるという話が。知人に頼まれてDer Katalogを代理購入(なんで???)したついでに開封させて貰って家にあるThe Catalogueのブックレットとの違いなど諸々堪能したのを思い出した。隔世の感。
GRIM / Hermit Amen
オルガンを基調にした曲は穏やかながら其処彼処に不穏な響き。凶暴な声とハーシュはここでは聴こえないがうっすらと小長谷さんのチャントが聴こえる。フィールドレコーディングと宅録で構築した世界はなお健在で、この時勢のせいかどんどん曲が出来ている模様。
Atom™ / <3
自身(?)でpopと言い切ってるけど
ただのpopじゃなくてhard code popなんですと。
音塊はあくまで硬質で、
#400→#600→#1000→#2000→#3000のペーパー掛けをした後に
ポリッシャーで24hours×7days磨き続けたような耳あたり。
もしくは精米歩合50%以下。

レーベルサイトの解説もカッコよすぎなので是非!(びっくりマーク)
https://raster-media.net/news/digital-pre-release-atom-3
L'Arc~en~Ciel / ray
20分 #running 。侵食でフィニッシュ。I lose control. 少し歩いてから帰る。
Agent Fresco / Destrier
プログメタルシガーロスで 15分だけ #running 。帰って風呂入って仕事する。
I Break Horses / Warnings
きっとこれは、好きなシューゲイザー。(シューゲは、聴いてみると自分の求めてるのとはちょっと違うのが多い。)
Jaga Jazzist / Pyramid
前作が自分にはピンとこなくてAmgala Templeもちょっと重すぎたので今作はどうかな~と
思ったら好きな感じで安心した。
GoGo Penguin / GoGo Penguin
相変わらずの気持ちよさ。
でも前作のがバランスよかったかな。
核P-MODEL / 回=回
こういう気分の時には核Pがいちばん。
« 2 3 4 5 6 »

loading