crntmmy

crntmmy

路傍の石です。

(invited from ryobotnotabot)

Reviews (112)

« 3 4 5 6 7 »
Christian Kleine / Electronic Music From The Lost World: 1998-2001
エレクトロニカの黎明期、City Centre Officesとmorrから名盤Transalpin EP、Kickboard Girl EPをだしていたhermann und kleineの片割れChristian Kleineさんの未発表曲集。今はこういうエレクトロニカらしいエレクトロニカをやってる人はあんまりいなくなってしまいましたね・・
モダンチョキチョキズ / ボンゲンガンバンガラビンゲンの伝説
博多の女が好きすぎて困る。
カラオケに入るのをずっとずっとずーっと待っています。
Attica Blues / Attica Blues
3reeが死ぬほど好きで、昔、いつカラオケに入ってもいいようにずっと練習してた
最近無性に聴きたくなって聞き直したらいまだにくそかっけーくて音楽界においてこの20年はなんだったんだろうとちょっと思った
(※聴きたくなったのはたぶん三浦大知の(RE)PLAYど頭の処理に似たものを感じたからだとおもう
でもさすがにGrooveのレベルちがったな グラミー狙うなら100-200曲くらいからコンペしたほうがいいんちゃうか)
Coppice Halifax / Qtrax
毎年その年の私的best10を作っているのですが、2017年アルバム部門で1位になったので記念に追加しておきます。
フィジカルでは2枚組+CD-Rだそうなので曲が多いw
岡崎体育XXLが出るまで2017前半はほんとこれよく聴いたなー。
https://coppicehalifax.bandcamp.com/album/q-trax

bcってアーティストのデスグラまとめて半額くらいで買えるサービスが凄くありがたいんだけど、この人bvdubやnadja・aidan bakerを遙かに凌駕するというか尋常じゃない多作なんで、過去作まとめてだとなんと236枚、金額にしてなんとなんと$1,359~(投げ銭制)。
お得かもしれないけどなんぼなんでもデジタルデータにいきなり15万はつっこめないw
古都の夕べ / 進行
2014年あたりから いや進行が活動しなくなって真部が迷走しだしてから古都もいってなかったけど久々にいってきてGET。
真部が想定したであろう「進行(風)の曲をかわいい声の女子に歌わせたらどうなるかという壮大な実験(相対性理論)は大成功したが女子に自我が芽生えて空中分解し、創立者なのに追い出されるという憂き目をみた。
今回の古都の夕べはやくしまるえつこにも劣らぬかわいい声の女子voとツインvo.で真部がやろうとしたことの正しい解はこちらではなかったかと思わせられる。
リズム隊が進行ではないのでグルーヴ感は落ちているがギター高野氏は真部と違うタイプでなかなか面白い効果が出ていると思う。
Rafael Anton Irisarri / The Sameless Years
いろんなとこの今年のベストに上がってたので。
Bvdub+レヴェナントのサントラみたいな感じですね
よかった。でも前作のが殺伐としててより好きかも。
Third Eye Foundation / Semtex
とにかくsleepが好きすぎて。
去年20thってことでこんなものがでてたのね~
ボーナスディスクにDLコードで15(16)曲もDLできちゃう。至れり尽くせり。
だけど一回DLしたらもう二度とできないのでバックアップとっとかんと・・・
(過去HDDもPCもぶっとんだ経験ありなので) 
もう世の中みんなApple Storeかbandcampでリリースすればよいのに!なんちて


※DISC2,ジャケにはIntroversionまで入ってることになってるので公式には15曲がDLコードでのDLですが実際には
はいってないので16曲分がDLとなります(Disc1 2の内容も全部DLされる)
Malka Spigel / My Pet Fish
ちなみにMalka solo作のタイトルがMy Pet Fishってオマージュかわからんけどほほえましいのです。
曲はジャンル的にはエレクトロニカっぽい。
白眉はこの曲かな
https://www.youtube.com/watch?v=FnznVUbCKQ8
Minimal Compact / Raging Souls
昔It seemsでMalka Spiegelの魅力に気づいたのでMinimal Compactも聴いてみよう!とCD屋にいったけどこれしかなかった。
これとてもCrammedさんのおかげできけたようなもので中近東のバンドなんてーのは21世紀になってもあんまり噂を聞かないですな。
で、当たり前だけどソングライティングが違う人なのでそんなにははまらず・・でもWhen I GoとReturning Wheelは好き。
youtubeでアルバムやライヴ映像もあるので興味のある人は探して聴いてみてください。
ライヴ映像掘っていくとだんだんタイトルや説明やコメントが現地語のみとかになってくるので異国情緒感じられますw
Ha't Vó'i Quê Húóng / Ha't Vó'i Quê Húóng
Plaza Hotelから続き)
で、即King Kongとかアメ村を探し回ってPlaza HotelはあったんだけどHat voiがなくてなくて。
5年くらい探して今はなき明大前モダーン・ミュージックでよくやく見つけて東京すげーってなりました。
しかし当時の私には12"で5000円というのは十分に清水の舞台から飛び降り価格でちょっと迷ったけど5年探してなかったからこれを逃すともうきっと手に入らないと思って購入。
一般的にはB面の少女コーラスが可愛い方が好まれてる+認知高いみたいなんだけど私は初めて聴いたのがその山本さんのかけたHat voiでその異常なリズムに心惹かれたのでこちらの方が聴いてる回数多いです。
Plaza Hotel / Bewegliche Ziele
昔松本浩一(Urban Dance)の「つかしんMusicなんちゃら」ってラジオ番組で松本さんと番組Dの山本さんという女性が1時間推し曲対決するという日があってそこでかかってて初めて知った。松本さんはカメレオンズとかかけてたけど山本さんは終始この路線で、Hat voiとかもかけてて私を沼にはめたw (Ha't Vó'i Quê Húóng に続く)
Colin Newman / A-Z
ヒラサワがカバーしてたので知った。
めっちゃ好みでした。
ピーガブとケイトブッシュしか買わないとかいうて他のも買うてる(聴いてる)やん!と思ったw
(このアルバムじゃないけど)Fish songはタイトルもじってるよねー
フィロソフィーのダンス / ザ・ファウンダー
サンクラでアイム・アフター・タイム(1st 収録)聴いてからマジはまりしている 。
1st FUNKY BUT CHICでは一人だけ歌唱力がうーーん残念って感じだったのが結構改善されてて本気でアイドルじゃなく vo.unitと名乗ってもいいかも。
ベクトルの全く違う声質の日向ハル・奥津マリリの二人(そのほかの二人ももちろんそれぞれ個性があるのだけども特に耳に残るのはこの二人なので)を同一ユニットで同じ曲で並ばせて歌うこの妙味。しかもシティーポップ。
ポテトチップの間にのして薄くしたハイソフト(キャラメル)をサンドして食べると手がとまらなくなるのだけどそんなおいしさ気づくとずっとループ。
生バンドで見てみたい。
ももいろクローバーZ / 天国からの名前 ヘンな期待しちゃ駄目だよ…_♡
NARASAK+qyb(ヤマジ+beratrek+クハラカズユキ)がDEEPERS meets Dinosaur Jr.な曲をやってももクロが歌う。すごい時代になってきました。
やなミュー、ドッツとか話題になってますが 本物+地上の前では霞んでしまうね・・。(やなミューは曲いいと思うけど)
off vo. verばかり聴いてしまうのはご愛敬。なんでqyb?と思ったけど太い音を出したかったからこの人選なんだな。
in NO hurry to shout; ,SILENT BLACK KITTY / ALICE -SONGS OF THE ANONYMOUS NOISE-(初回限定盤)
アイカツもももクロも夢アドもいいけどDEEPERS不足が深刻なんじゃよ~~~っていうそこのアナタ!
パラレルラインまじDEEPERS!
でもこれを聴くとますますDEEPERS不足を実感する悪循環w
Cavern Of Anti-Matter / Blood-Drums
今Tim Ganeがやってるやつ。
ヘッドホン推奨。
モロやん、と思うけど好きなので抗えない。
(なにがモロかはyoutubeででも音聴いて下さい)
当初200枚限定LPとかでレーベルのサイトでサンプルを聴いて我慢してたけど去年だか一昨年だか再発されたので無事買えた。よかった。
来年2月にめちゃくちゃライヴやるみたいだけどなんかでるのかな?日本も誰か呼んで下さいお願いしますm(__)m
Testpattern / Après-Midi
早すぎたエレクトロニカ OOPARTS 引き算の美学

派手目なA面はもちろん好きだけど地味なB面のスルメ具合がすごい。
これだけパーフェクトな作品作ってるのに音楽は本業じゃないなんて・・・

コンピYen manifield収録のRyuguはalways100点満点の曲
https://www.youtube.com/watch?v=zDUXXZ05OyU
King Uszniewicz And His Uszniewicztones / Teenage Dance Party With King Uszniewicz And His Uszniewicztones
2001年頃、伝説の音楽~ジャイアンシンドローム というサイトで紹介され一躍有名になったバンド。
何年かおきに聞きたくなるんよね
なんかもういろいろ悩みとかくよくよしたことぜーんぶどうでもよくなる。
元気や勇気や希望を与えてくれるバンド。
https://www.youtube.com/watch?v=6MduIejoWNs

これを教えた某バンドマン(コミックバンドではない)が海外通販してLP買ってたw
買うんかい!!
« 3 4 5 6 7 »

loading