bombknee

bombknee

<IT土方(レスザンITどかた)

(invited from mgng)

Reviews (1720)

« 4 5 6 7 8 »
Gang Of Four / Solid Gold
このアルバム、全ての楽器の音が最高にかっこいい。ヘッドホンで聴いた時の楽器音とアンビエンスの具合が気持ちいい。普段ギターにばかり気が行ってるけどベースの鳴りが今日の注目点。
OUTO / Outo Discography
春先に出版された「関西ハードコア」が積読だったのでOUTOの元メンバーのインタビューをつまみ読みしたら面白すぎた。「ツアー1か月回ると毎日練習だから格段に上手くなる」至極名言だと思う。休みの間に読んでしまおう。
Cabaret Voltaire / The Voice Of America
アルバムのオープニングで流れる声ネタは、1966年のビートルズコンサートの前にビートルズファンに対処する方法を指示された警官のニュース映画の映像から取られているらしい。wikipediaに書いてあるだけなので真贋不明だけど。

新譜が届かないこの三連休、家にある音源を全部iPodに入れて四六時中聴いていたい。そう。iPhoneではなく未だに第五世代のiPod nano(第七世代)を使っているのだ。
Cabaret Voltaire / Groovy, Laidback And Nasty
あ、今日「カリオストロの城」放送じゃん...でも聴き始めちゃったし...
Cabaret Voltaire / Shadow Of Fear
CDが届く前にサブスク解禁されているのにAppleMusicもSpotifyも契約していない。itunesで試聴だけしてる。うん、これはリチャードH..カークのソロアルバムではなくリチャードの単独ユニットとしてのキャバレー・ヴォルテールだと言い切れる。アルバム制作のきっかけは2014年のキャバレー・ヴォルテールとしてのライブだったと最近のインタビューで本人自ら語っており、そのライブで使ったマテリアルをアルバムとして再構成(?)したのが今作だとか。次作以降の制作構想もあるという事だし、四半世紀ぶりに再始動(再結成ではない)したキャブスの活動をまたフォローし続けたい。とにかくフルで聴きたい。早くCDが届いて欲しい。
The Pop Group / We Are Time
今朝muteからキャブスの新譜発送連絡があった。一緒にYのリマスター盤が届く。楽しみだ。月末には届くといいのだが。
Motor Humming / Musical Aluminum
11/22(日)にコンパスでAfter the NUKESとソルマニアの対バンがあるので意気込んで宿やら新幹線の手配をしたら昨夜公演中止の報せ。宿はキャンセルできるけど新幹線はチケット取っちゃったし土曜日は別のライブを観るのに前売り予約しちゃったし(これも中止になったら泣く)、月曜日も別の予約を入れていた自分、危機管理能力ないなと思いつつベアーズのホームページでスケジュールを観たらモーターハミングのライブ予定が。この機会を逃したら観られないかもしれないので中止にならない限り行ってみよう。マスクは3枚重ね、アルコールジェル持参、飲酒禁止を課す。
Rise From The Dead / 2 Mouth 4 Eyes
Discogsでクレジットを見ていて気づいたのだけど、Shuichi Hirose(Gt)、Johnny(Noise)って、Noriさんと一緒にCorrosionをやってる人たちなんだな。Discogs便利。
Rise From The Dead / Music Music Great Music Company X
ありきたりの形容が通じない変幻自在。ダブ、ハードコア、テクノ/トランス、ローファイ...スタイルではなく理念のクロスオーバー、もといStep Across The Borderの体現者。
After The Nukes / In The Capital - EP
先週末ようやく聴衆の前に現れたAfter the NUKES。演奏、音響ともに圧倒されまくった。Confrontのスリリングなイントロは鳥肌モノ。
大野松雄 / 茶の木仏のつぶやき
茶がいざなう宇宙
眼を瞑ると現はれ出ずる響きの神
おののくたましひを沈めたまへ
DESTROMO / DESTROMO
ソルマニア大野さんの新しいユニット。
Destroy Ohno Monstersとは違う。
Mongoose、ギターノイズ、パルス音、歪んだベース、リズムマシンによる疾走感が気持ちいい。
Sigue Sigue Sputnik / Flaunt It
シングルのリミックスやライブテイクを入れた4枚組リマスタ盤が出たので買ってしまった。
Suicide発ジョルジオ・モロダー経由の打ち込みブギ。「第五世代のロックンロール」には今も笑わされる。
バカはクソ真面目にやるから面白い。
Richard H. Kirk / dasein
二十数年ぶりにキャブス(リチャードひとり)の新作が出るというニュースに色めきたっている。先行配信された曲はこのソロの延長っぽい気もするけどとにかく嬉しい。muteのオンラインショップでTシャツつきを予約してしまった。

それにしても今年リリースされた作品はどのアーティストも素晴らしいな。
This Heat / Repeat
今夏リリースされたリマスター盤3枚(This Heat/Deceit/Health and Efficiency)がとてもよかったのでこの盤もMade AvailableもLive80/81もリマスター盤を聴いてみたい。
« 4 5 6 7 8 »

loading