bombknee

bombknee

<IT土方(レスザンITどかた)

(invited from mgng)

Reviews (1610)

« 1 2 3 4 5 »
Gaji / Ten To Ten Past Ten
これ何故discogsに未登録なんだろう
Echo & The Bunnymen / Think I Need It Too
やっぱり初期4枚が好きなんだけど再結成は何度でもやって欲しい。今朝は出かける支度中にポーキュパインを聴いた
Lou Reed & John Cale / Songs For Drella
朝からこんな音楽を聴くのもなんだが、ここでのルー・リードの歌声に穏やかさを感じるからという事なんだろう。このアルバムの再現ライブは記録映像が残ってかだろうか。やっぱり観たい。
Lou Reed / New York
この時期のルー・リード、参加ミュージシャンが達者な人ばかりで録音も素晴らしい。もちろん楽曲も演奏も素晴らしい。次作『マジック・アンド・ロス』と並んで好きなアルバム。この時期のコンサートを観ることが出来たから、というのも大きい。
Cabaret Voltaire / 2x45
ジャケデザイン、本当は別のなんだけどネヴィル・ブロディに感化された者としてはこれを選ばずにはいられない。この人もいい加減レトロスペクティブをやるべき。いや、英国ではやってるのかもしれないけど。
Cabaret Voltaire / Eight Crepuscule Tracks
今日は定時であがってエクストルーダーズを観に行く(行けるように仕事を終わらせる)
VOLUME DEALERS / N/A
現地滞在時間どれくらいだったろう。西から東へ、東から西へ。
Sosite / LUNCH OF THE DEAD
簡素な編成で騙し偽り誤魔化しの効かなさ。またライブに行きたい。
COALTAR OF THE DEEPERS / THE BREASTROKE -THE BEST OF COALTAR OF THE DEEPERS-
初めて観たディーパーズのライブはsinking slowly発売後のフラゴー、ヴォリュームディーラーズ、プレイグスと一緒にやったクアトロショーケースだった。すげえ豪華。このライブの翌日にsinking slowlyとqueens park all u changeを手に入れて当時の彼女の家に駆け込んで一緒に聴いた。デス声とボサノヴァとシューゲイザーが違和感ありすぎながらすんなり聴かせるのが素晴らしくてもうすぐ50になろうというのに今でも何かあるとすぐamethystを聴きたくなる。
Extruders / Colors
アルバムを聴きながら見るこの絵が好きでたまらない。
Githead / Art Pop
コリン・ニューマンの声には癒し効果がある
Various Artists / Warp 10+1 Influences [Disc 2]
朝聴いていた盤(二枚組)の二枚目の方。Unique3の衝撃。ブリープに代表されるテクノとラガの共存はごく自然で当然の習慣だったということを何度でも思い出そう。
Various Artists / Warp 10+1 Influences [Disc 1]
最近キャバレー・ボルテールの格好いい写真を見たせいかこの辺の音楽のルーツについて想いを馳せている。Can U feel itなんかまんまキャブスだな。後年彼らがマーシャル・ジェファーソンと一緒にアルバムを作ったのは必然だったんだ。
Ride / Nowhere
先日来日していたんですね。このアルバムが出た当時はボーカルの青臭さが苦手で敬遠していたんだけど今にして思うとファーストアルバムってこういうものなのかもしれない。一曲目のイントロはアルバムの出だしとしてはかなり格好いい。
« 1 2 3 4 5 »

loading