Reviews :: moon (84)

1 2 3 4 5 »
Ryo Okada / an arc of a huge circle
数日前の入眠音楽で、昨日のお散歩音楽で、今日のお仕事BGM。
OKS / OKS
数日前の夜、全っっっっっ然眠れず困り果てていたところ、このアルバムを何周かすることにより大変良い塩梅になれましたので、ここにご報告しておきます。
Ryo Okada / an arc of a huge circle
今の岡田さんの音とその先の岡田さんの音が感情に直接投影される。しばらく聴き続けそう。
Ryo Okada / outerzone
夜道にとてもよく合うので浸りながら歩いていて、1曲目のゴーンゴーンという時計の鐘のような音のところでふと己の時計を見たら0時ジャストだったという、嘘のような本当の話。
Ryo Okada / snow mountain
ここ1ヶ月半くらいの間、岡田さん8:その他アーティスト2くらいの割合で、ずっと聴いている。
CONVEX LEVEL / New Moon 1st Contact
CLに飢えている。ライブ観たい。新曲聴きたい。こういうご時世なので仕方ないけれど……。
Ryo Okada / snow mountain
個人的に念願というか悲願というかそういう感じだった岡田さんのソロ音源、ついに。無音よりも静かで、光よりも白く、海溝よりも深い。
CONVEX LEVEL / Inverse Mapped Tiger Moth
一昨日の夜、Lost And Foundを聴きつつ星を見上げながら夜道を歩きましたが、良い感じでした。
EXTRUDERS / Hilltop Radio / Punch and Judy
地元駅前でぶらぶらしてから帰宅。夜に聴くEXTRUDERSは本当に良い。夜空を見上げながらだとなお最高。
Ivan Ave / Every Eye
こういうのばっかり好きだな最近、と思うけど、こういうのばっかり好き。堕落か。
My Bloody Valentine / m b v
夕夕分lovelessより女子きだ○○(やっと買った○○)
Lily Chou-Chou / 呼吸
久々に通しで聴いてどっぷり。明日は十五夜。
ポルノグラフィティ / foo?
初めて彼らのオリジナルアルバムを聴いたら、その多芸さに驚かされた。のっけからラップを仕込んできたり、馴染みのシングル曲も新鮮な、でも元のイメージも損なわないアレンジが施してあり面白い。特に惹かれたのは「愛なき…」で、比較的ローテンポな曲なのにいきなりギターがギャンギャン鳴らされて一気に心を掴まれ、メロディも非常に良い。やっぱりシングルだけ聴いていても全容は全然掴ませてくれないな、と思った。
King Crimson / Islands
何が聴きたいかわからなくなってとにかく長くないやつにしよう、と選んだ結果、結局クリムゾンか……いやでも格好良いし肌に馴染んでいるものは仕方ないです。
Blind Idiot God / Blind Idiot God
「1980年代後半に自分が聴いてなかった音楽」についてぼんやり考えてることが多い。これとか、当時聴いてたら絶対好きだったし、このバンドの他のアルバムも基本、好き。2015年に出た近作もSonic YouthやLive SkullやSwans(←どれも80年代の時点での)やレゲエ(ダブ)や弱いメタル要素が折衷されていて、心地良い。
Jack Dejohnette's Directions / New Rags
70年代末から80年代初頭のジャズの空気があって、マイルスとオーネットの影響、フリーとロック、それとカリビアンが混在してる感じ、フュージョン成分は限りなく薄い。このアルバムで、アバークロンビーのギター、ウルマーとそんなに遠くないと思った。いや、ずっときっちりしてるけど。(楽曲が近いのが理由だと思う。)
M1がATCQの「Buggin' Out」のサンプルネタで有名なので、CD欲しいけど、今まで一度もCDになってないアルバムらしい。
https://youtu.be/MVCUBVBPxC8
1 2 3 4 5 »

loading