Focus /Fluid /Daub / Gaji (2000)
Focus /Fluid /Daub
Gaji (2000)
2
1. Calx 3
2. Hungry Children (Are The Last Beasts On The Ground 1
3. Man In False Habitat
4. Hoop Loop
5. Fitful Baits
6. Hatchet Jagg 2
7. Eleven Maladies
8. QbQf 2
9. Blood Mobile
10. Hitch 1
Reviews (11)
ロックに想いを巡らせながら秋刀魚の塩焼きを食べてきた。今シーズン、あまり秋刀魚を食べていないと思ったら不漁で値段が高いのと高いくせに小ぶりだったからだ。
全曲ギターコピーしたら多分ビルが建つ。
寒空の下、ギターのハーモニクスに急かされなが #running
いま使ってるiPodのアーティスト順に並べるとExtruders→FUNHOUSE→gaji→GAUZEになっている。なんかいい具合になってないですかね。ないか。
ナニワ金融道にはこっちの方が合う。切羽詰まった感じが。
お賃金支給日なので真っ直ぐ帰ります
つられた
スーパーイライラしてるときにはこの一枚だ!
ファーストがニューヨークNO WAVEの匂いを持っていたのに対し、このセカンドでは90年代のミニマルミュージックたるテクノのテイストをループを繰る事でロックの新たな地平を垣間見せてくれた。ロックとテクノの融合、みたいな陳腐なものではない。聴いていて時空間感覚に錯覚を覚えたのはこのアルバムの他にROMPの豊永亮のディレイワークくらいのものだろう(自分の経験上)

ところでこのアルバムの発表って2000年でしたっけ?もう少し早かった気がする。
Rage Against The Machine の 『The Battle Of Los Angeles 』 http://syncreview.net/Albums/View?id=465 と同じぐらいの時期にリリースされたこのアルバムでは、トム・モレロよりはるかにクールなギターのハーモニクスが大フィーチャーされています。わたくしはこの時大学3年生で下級生に向かって「これがMr.Bigだよピロピロピロ〜♪」なんつってやってた同じ時期に日本ではこのような素晴らしいギターが鳴っていたのかと思うとついつい遠い目をしてしまいます。
ピッピピキョッピンピピッピピンピッピピン

loading