crouka

crouka

『黒岡衛星』名義で小説を書いたり。ちゃんとした感想は以下のブログで。
http://crouka.hatenablog.com/

(invited from pesorandum)

Reviews (267)

« 3 4 5 6 7 »
TG.Atlas / HEARTBEAT
ただただ単純に、どんな音楽よりもうるさくてかっこいい。そう思えるようなバンドはなかなかいないと思ってたら、わりと近くにいて驚いている。
ZABADAK / 回転劇場
これでzabadakのオリジナル・アルバムは全部聴いたかな。なんとなくこの作品は手癖っぽいと思っていて、いやそりゃzabadakなんだから手癖だって最高だろうと今になっては思うのですけども、それにしても全然手癖どころか、気合の入った高クオリティな楽曲が並び、全編を通してなんとなくコンセプトが感じられるいいアルバムでした。次のアルバムはどうなるんだろうなあ。
King Crimson / Earthbound
40周年記念盤に付いてきたOriginal Vinyl Transferという音源を聴いていますが、こんなだったかな...。演奏内容はいつだって最高ですが。
in NO hurry to shout; ,SILENT BLACK KITTY / ALICE -SONGS OF THE ANONYMOUS NOISE-(初回限定盤)
Disc 1は定額配信で聴けるしいいかなーと思ってたんですがボーナスのライブCD、生で弾いてるNARASAKIのギター聴きたいよねー、と軽い気持ちで買ったらライブものすげー格好良くてビビりました。声優ってスゴイ。売ってるうちに買いましょうね。
曇ヶ原 / 3472-1 / どうして
『北池袋のアネクドテン』こと曇ヶ原の最新シングル、と言いつつライブ音源など加えて39分ほどあるお得盤。プログレッシヴ・ロックへの愛とアングラ・フォークへの信心をストレートに打ち出しており大変格好良いです。ライブ音源がまたド迫力。
the band apart / shits
PV集のおまけ、なのかしら。コンピとかシングルとかその周辺をまとめた09年編集盤。一番熱心に聞いていた時期なので思い入れもひとしおというか、いまもすごくいいんだけど、やっぱこの時期は特別だなあと。
めんたんぴん / めんたんぴん 1976~1977
『日本のグレイトフル・デッド』だそうですが、確かにアメリカン・ロックの泥臭さを見事に日本のものにしていて、それこそデッドだのオールマンだのといった名前を思い出すようなブルージーで美しいギターが最高です。揃えたい。
Carla Bley, Andy Sheppard & Steve Swallow / Trios
祝、定額聴き放題サービスのECM解禁、ということで手探りで良さそうなアルバムを漁っております。今作はピアノ、サックス、エレベの一風変わったトリオ編成によるジャズ作品。品の良さ、というのとも少し違う、力強さの中に抑制が感じられる美しさ。
Nuno / Schizophonic
グランジからの影響が(どちらかといえば悪い意味で)モロなのだけれども、なかなかカッコいいアルバム。Plastic Treeナカヤマアキラ氏への影響を見るにしても非常に興味深い作品です。
Aloha / Sugar
怖いぐらいに穏やかな昼下がり。
discotortion / バクヨウ
日本に、それも北海道は札幌に、こんな極悪な歪みを確かな信念で鳴らすロックバンドがいたなんて。感動しています。
Grand Funk / We're An American Band
#カウベルソング と言われてしまうとドのつく定番すぎてちょっと恥ずかしいんですがこれしか浮かばないっす...。
DOOM / Human Noise
ゲストで菊地成孔がいるのが本当によくわからないのだけどかっこいいです。
anthology three chord / Journey
何か(この場合はブッチャーズ)に似てる、と言われた場合は普通なんとかしてその呪縛から逃れようとあれこれ小細工するものだけど、このバンドは真っ直ぐに見据えたうえで越えようという意志が感じられ、また楽曲のクオリティがその可能性を信じさせる。対象はものすごく偉大な存在だけれども、きっとやってくれるだろうと思う。思える。
THE FULL TEENZ / ハローとグッバイのマーチ
昨日のライブの余韻に浸っている。「ビートハプニング」に涙。
The Bad Plus / Blunt Object Live In Tokyo
NHK-BSプレミアムで観たGoGo Penguinがとても良かったので思わずThe Bad Plusを手に取ってしまった。懐かしい気持ちもあるけれど、やっぱり聴くとたぎるものがあるなあ。
TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA / Ska Me Crazy ~The Best Of Tokyo Ska Paradise Orchestra~
一度入手し損ねてからずっと探していた英Cherry Red盤のベスト・アルバム。特にどうってこたない選曲なんですが一番ロックな時期であること、きちんとインスト中心であること、そもそも当時のオリジナル・アルバム群はCCCDであったこと、何よりデザインがクソカッコイイというだけで持っておく価値は十二分にあります。スカパラに興味はあるけど何聴いたらいいかわからんという人もこれを一枚目にして全然OKの大推薦盤です。
« 3 4 5 6 7 »

loading