yk

yk

ビル

(invited from ryobotnotabot)

Reviews (20)

Jesus Fever / Dozens Of Great Views

Jesus Fever / Dozens Of Great Views (1998)

ファンダンゴと磔磔でみたときのことはよく記憶に残っている、とくにファンダンゴのはベストだったなあ

yk - 2017年1月23日 11:41

The Primitives / Pure

The Primitives / Pure (1989)

89年のCDをリッピングして聴いております。

yk - 2016年11月30日 20:57

Kajagoogoo / Islands

Kajagoogoo / Islands (2004)

はんだ付けBGMそのに。スティック(弦楽器)使ってたんだっけ、ディシプリンクリムゾンより早いっけ、どうでしたっけ、と数時間後のいま思っています。

yk - 2016年9月20日 1:23

Big Country / The Crossing

Big Country / The Crossing (1983)

はんだ付けのBGMでした、基本シンガロング。Chance名曲。

yk - 2016年9月20日 1:20

高橋洋子 / CLAIRE / 残酷な天使のテーゼ / Fly Me To The Moon

高橋洋子 / CLAIRE / 残酷な天使のテーゼ / Fly Me To The Moon (1995)

同じく…、昨夜ゴジラみてさきほど妻がこれをかけました、動画サイトでの視聴でした ナディアのO/Pも聴きました

yk - 2016年8月6日 16:54

Madness / Divine

Madness / Divine (1992)

待ち人しながらきいてる
重量盤180g、2枚組レコードだぜ
完全なさいこう

yk - 2016年7月31日 10:23

Lydia Lunch / Hysterie (1976-1986)

Lydia Lunch / Hysterie (1976-1986) (1989)

8-eyed spyは梅雨にあうと思います。

yk - 2016年7月14日 17:40

Lida Husik / Bozo

Lida Husik / Bozo (1991)

学生の頃からなんか気に入ってアルバム3枚持ってる

yk - 2016年7月2日 15:07

The Fun Boy Three / Waiting

The Fun Boy Three / Waiting (2003)

さっきレビューしたFB3のベスト、名曲Our lips are sealedがウルドゥー語バージョンでアレンジもひどく、レコードかってたら金返せという気持ちになったことでしょう。
こちらWaitingだけを聞くべきと思いました。

yk - 2016年6月27日 12:14

The Fun Boy Three / The Best Of Fun Boy Three: Really Saying Something

The Fun Boy Three / The Best Of Fun Boy Three: Really Saying Something (1997)

B52'sを聴くにはやや気分が曖昧なときにききます。Waiting名盤。
https://youtu.be/IxLmxZixVXk
バックバンドに穴がない

yk - 2016年6月27日 11:52

Xmal Deutschland / Fetisch

Xmal Deutschland / Fetisch (1983)

ペンキを塗るなどの作業効率が高まると思う。

yk - 2016年6月21日 16:02

João Gilberto / João Voz E Violão

João Gilberto / João Voz E Violão (2000)

車で聴くものでない気もしたけど、かけるやいなや鳴ってるだけですばらしい空間ができあがってしまった。このリリースののちの初来日に行き、神、と思った。

yk - 2016年6月9日 16:01

Christian Death / Only Theatre Of Pain

Christian Death / Only Theatre Of Pain (1982)

1曲目からかけて歌が始まった瞬間につらくなって止めました。がんばって2曲目に飛ばしましたが、やはり歌が出たら止めました。高校生の頃よく聞いていました。

yk - 2016年5月25日 13:49

Current 93 / Dogs Blood Rising

Current 93 / Dogs Blood Rising (1992)

地下鉄でこれを聴いていたら隣の婦人が通話を始め、その内容が彼女が理由を不自然にぼかしてPTAかなにかの打ち合わせに行くのが難しいと言ってのらりくらり逃げているというもので、口元を隠して身を縮ませているが通る地声で話しており、周囲の通勤客の神経を明らかに逆なでしていた。私はこの音楽のおかげで、より具体的かつ積極的に彼女に呪詛を投げかけている気持ちになれた。

yk - 2016年5月13日 10:54

Public Image Ltd. / Compact Disc

Public Image Ltd. / Compact Disc (1985)

当初アルバムにはメンバーのクレジットを公表してなくて、誰がやってるとも知らずに書かれたレビューや記事を読んでジンジャーベイカーとマイルスバンドのドラマーであるトニーウイリアムスは大笑いしたそうです。性格が悪いことで人を楽しませることができるのはとてもいいですね。Flowers of Romanceの次によく聞いてるアルバムだったりする気がする。

yk - 2016年5月12日 21:18

No Trend / More

No Trend / More (2009)

ファーストのころの編集盤When death won't solve your problemはSWANSのFilthと同時期に買って同じくらいよく聞いた。これはお蔵入りの4thアルバムが2000年代に入ってリリースされたもの、昨日存在を知ったので聞いている。パンクムーブメントを怒らせようとする意図があったらしい。
回顧録みつけた、おもしろい
http://www.yellowgreenred.com/?p=1844

yk - 2016年4月30日 7:23

Flesh For Lulu / Blue Sisters Swing

Flesh For Lulu / Blue Sisters Swing (1985)

Three JohnsのDeath of the Europeanの12インチと同じ日に買ったミニアルバム。めちゃくちゃよく聞いた。デスシャルカムというフレーズがしばしば脳裏をよぎるのはこれのせい。

yk - 2016年4月29日 17:22