kouen

kouen

世の中名盤だらけで聴ききれないですよ

Fav.Reviews (5)

Yonin Bayashi / Ishoku-Sokuhatsu (1974)

ローマ字で検索したら出た。空飛ぶ円盤に弟が~は無かったけど。下宿で同級生のプログレマスターと一緒に聴いてたヤツを今はスマホで…。

ryobotnotabot - 7月5日 19:40

henrytennis / R.U.R. (2009)

『2000年代のインスト・ジャズ・ロック』と言われてまず気になった人はすぐに聴いたほうがいいです。フュージョン/プログレ/ポスト・ロック、どのジャンルのファンもニコニコしながら聴けるアルバムなんじゃないでしょうか。めっちゃいいです。『Seven』あたりのSoft Machineを現代的にしたような。

crouka - 6月6日 17:20

FUBAR / Weltschmerz (2017)

バッドレリジョン的な泣きギターだし、速いし、みんな叫んでるし、1曲1〜3分だし、嫌いなわけないじゃない!!

mgng - 5月11日 18:21

Mike Oldfield / Amarok (1990)

プログレ聴きはじめの頃に出会ってはいけなかったアルバム。そのせいで『プログレというジャンルはこんなやべえのがうろうろしてんのか...』と勘違いする羽目になった。プログレッシヴというよりはエクストリームですね。

crouka - 4月4日 16:37

THE MAN / THE MAN (2014)

20年そこそこ音楽を聴いてきた中で指折りの名盤に東京スカパラダイスオーケストラ『FULL-TENSION BEATERS』があるんですが、これはその実質的な続編というか、あの頃に見た夢の続き、なんですね。スカだのロックだのブラスだのどうでもよくて(まあ、強いて言えば全部なんですが)、むちゃくちゃかっこいい音の塊です。ド名盤。

crouka - 4月1日 15:00

loading