mgng

mgng

甘食と野良猫が好きです。このサイト運営のお手伝いをしています。 https://twitter.com/mgng

Fav.Reviews (260)

Dream Theater / Awake (1994)

大学2年生の頃好きな女の子に告白してフラれて駅のホームでうなだれていたときに聴いて1曲目のイントロのドラムで体を突き動かされてうおー!!ってなった。

inori katsuhito - 8月25日 19:37

イノリカツヒト / torisan (2019)

彼の音楽は晴れた朝に窓全開でお洗濯やお掃除をしながら聴くのが好き、って何度も言ってる気がする。あれこれ終えてコーヒー淹れたり寝っ転がったり。聴きながらそんなことをしていると、一人で過ごす時間めちゃくちゃいいな、って改めて思う。

sui - 7月30日 0:15

Angra / Angels Cry (1993)

なんだかんだやっぱりメタルのめざめだったし「Carry On」はアンセムだし『Angels Cry』は名盤ですよね。冥福を。

crouka - 6月9日 22:52

Brad Mehldau / Finding Gabriel (2019)

これってロックと思う。エモいロック。「エモい」という言葉を初めて使ったので、使い方が合ってるのか不明。アマゾンにひどいレビューが載ってたけど、あれ書いた奴はアホだね。こんな音楽が、そんな簡単に作れるわけないだろ。

olevolevolev - 5月28日 22:43

Jesus Fever / Dozens Of Great Views (1998)

It hurts very much when I hit my right knee(Google翻訳)

bombknee - 5月7日 14:04

Doimoi / Materials Science (2012)

個人的にDOIMOIは断然2nd派で、今作は(あくまで中では)実はそれほど聴き込んでいなかったりするのですが、久しぶりにデカい音で聴くとやっぱり最高なのですわ。ロックが、メタルがあるべき『太さ』の中にもきちんと解像度があるというか……。

crouka - 4月25日 18:22

Shady Bug / Lemon Lime (2019)

衝撃の一枚。
何が衝撃かというと、罰ゲーム等で地面に立てたバットにおでこをつけて10回回ってから真っ直ぐに走るというのがありますが、全ての曲がその斜めったまま走ってる状態なんです。
何を言ってるのかわからないと思いますが私にもわかりませんw
でも音を聞いてもらえば多分理解いただけるかと…
いわゆるインディーポップなんですが正直上手くはない。でも問題はそこじゃない。予定調和が嫌いな私でも、このアレンジ又はこのチューニングおかしない?っていう、歌やバックトラックが
どこかピッチが狂ってるんです。
昔、1クターブを43分割するというハリー・パーチの理論にのっとってオルガンのリードを自分で削って43分割したシジジーズというユニットがありましたが、まさしくあの音で、ハーモニーが調和してないつか、音符と音符の間のような落ち着きの悪い音が入ってるんです。
(楽器弾けないし音楽ちゃんとやったことないのでホントは西洋音階で楽譜にできる音なのかもしれませんが)
正直好きでも嫌いでもないんですが、この気持ち悪さをもうちょっともうちょっとと聴いてるうちに最後まで聴いてしまいました…(全9曲とも、気持ち悪い部分のない曲はないです)
YouTubeに曲上がってたから見に行ったらコメント4つもついててw、そのうち一人はyes yes yesとか書いてるんです。
正直、おぃお前はこの曲のどこがyes yes yesやねん!とツッコミたい気分です。でもこの気持ち悪さを味わいたくてまたリピートしてしまうんです。
ここ最近で最も衝撃的作品かもしれません…

【追記】聴いててなんか郷愁を感じる・・・と思ったらこれでした。
https://www.youtube.com/watch?v=6MduIejoWNs
Yukkum Yukkum (King Uszniewicz and the Uszniewicztones)

crntmmy - 3月27日 20:36

Dream Theater / Awake (1994)

いま一番わかりたいのがKevin Mooreの良さだったりするのでChroma Keyから続けて久しぶりに聴いてみましたがやっぱ時代を動かしただけあって面白いアルバムですわ。個人的にはこの次(と、Derek Sherinian)がもっと好きなんですけど、強烈にユニークで宇宙のあるメタル、という点ではやはりこちらの方が勝るかなあということを考えながら聴いています。

crouka - 3月23日 9:04

TG.Atlas / Lost In Puzzle City (2017)

なんなんでしょうねこのバンドは。狙ってるんだかだらしないんだかわからない、現代にオールド・ロックを蘇らせようとしたら悪魔合体した上で、ついでに合体事故起こして出てきちゃいました、みたいな新種の化け物。とりあえず言えることはむちゃくちゃカッコいいので万人が聴いたら良いんです。話題にならなきゃ嘘。

crouka - 3月18日 11:41

Kiefer / Happysad (2018)

これすごく好きなんだけど、いつもよく流してるlo-fi hiphop~chillhopの曲と違って(共通点は多い)聴き流せないし、技術が前面に出てる音楽だなーと思ってる。少し前までは自分もこっちの方が好きだったかも。(また戻るかもしれない。)あと、これはCDが入手可能というのも、楽器がちゃんと弾けるミュージシャンっぽい。
(しかし俺の日本語崩壊してるなあ。)

olevolevolev - 3月3日 21:08

NUMBER GIRL / SAPPUKEI (2000)

びっくりしたのでとりあえず聴いている……

qeeree - 2月15日 15:12

Various Artists / Raggle Taggle 2 (2000)

年が明け寒さが厳しくなり、いよいよプールに行くのが億劫になってきたが家で水着を着るだけであら不思議、プールまで行けてしまうんですねえ。JFを聴きながら帰ります

bombknee - 1月9日 21:06

DMBQ / Keeenly (2018)

これまでいちおう『ハード・ロックのデカいやつ』をやっていたDMBQが13年ぶりに新譜を出したと思ったらまさかの恐怖のスラッジ化でビビりまくり。SLEEPにケンカ売るような(そしてうっかり勝ってしまいそうな)ただただ『強い』アルバム。去年のdiscotortionやTG.Atlasもそうですが、轟音がどうのとか言ってる人間の間で流行らないのがまったく理解できん。

crouka - 2018年12月15日 16:41

Suzukiski / Utopia (2001)

確かrei harakamiがこれを聴いて自分ならどうするだろう、と考え『red curb』を作った、という話をしていた気がする。結局自分にとっての一番かっこいい電子音てsuzukiskiなのかな、なんてことを考える。

crouka - 2018年12月5日 11:38

tepPohseen / Some Speedy kisses (2016)

一昨日の浅田良バンドの興奮から覚めない。あのライブこっそり録音しておきたかったわ…しばらくこのアルバムと先日入手したたっちコンピ、付録についてきたtepPohseen CD-Rを交互に聴きながら今の糧としよう。たっち偉い。そのうちまた亀戸餃子行こう。

bombknee - 2018年11月26日 20:03

This Heat / Health and Efficiency (1980)

どうも知人です。
CDだとGraphic/Varispeedはレコードの回転数が違うものを再生してこの盤(45回転)とRepeat(33回転)に収録してるという豆知識をここに記します。

bombknee - 2018年11月1日 12:16

This Heat / Health and Efficiency (1980)

昨夜のTHIS IS NOT THIS HEATライブ終盤でタイトル曲のイントロ、ベースが鳴ったところで声が出て後半のディシプリン的反復が上物なんでもありのミニマル大会に展開。エンディングに持って行こうとするヘイワードと我関せずの他メンバー。ちょっと締まらない演奏だったけどやっぱり観て良かったと思う。

bombknee - 2018年10月31日 8:14

loading