mgng

mgng

甘食と野良猫が好きです。このサイト運営のお手伝いをしています。 https://twitter.com/mgng

Fav.Reviews (248)

DMBQ / Keeenly (2018)

これまでいちおう『ハード・ロックのデカいやつ』をやっていたDMBQが13年ぶりに新譜を出したと思ったらまさかの恐怖のスラッジ化でビビりまくり。SLEEPにケンカ売るような(そしてうっかり勝ってしまいそうな)ただただ『強い』アルバム。去年のdiscotortionやTG.Atlasもそうですが、轟音がどうのとか言ってる人間の間で流行らないのがまったく理解できん。

crouka - 12月15日 16:41

Suzukiski / Utopia (2001)

確かrei harakamiがこれを聴いて自分ならどうするだろう、と考え『red curb』を作った、という話をしていた気がする。結局自分にとっての一番かっこいい電子音てsuzukiskiなのかな、なんてことを考える。

crouka - 12月5日 11:38

tepPohseen / Some Speedy kisses (2016)

一昨日の浅田良バンドの興奮から覚めない。あのライブこっそり録音しておきたかったわ…しばらくこのアルバムと先日入手したたっちコンピ、付録についてきたtepPohseen CD-Rを交互に聴きながら今の糧としよう。たっち偉い。そのうちまた亀戸餃子行こう。

bombknee - 11月26日 20:03

This Heat / Health and Efficiency (1980)

どうも知人です。
CDだとGraphic/Varispeedはレコードの回転数が違うものを再生してこの盤(45回転)とRepeat(33回転)に収録してるという豆知識をここに記します。

bombknee - 11月1日 12:16

This Heat / Health and Efficiency (1980)

昨夜のTHIS IS NOT THIS HEATライブ終盤でタイトル曲のイントロ、ベースが鳴ったところで声が出て後半のディシプリン的反復が上物なんでもありのミニマル大会に展開。エンディングに持って行こうとするヘイワードと我関せずの他メンバー。ちょっと締まらない演奏だったけどやっぱり観て良かったと思う。

bombknee - 10月31日 8:14

King Crimson / Level Five (2002)

引き続いておりますマイ・ブーム。当時は何が『ヌーヴォ・メタル』じゃと否定的な声も多かったように記憶しておりますが(だから聴くのを後回しにしていた)、メタルはもちろん、所謂インダストリアルとも違った鉄くさい音はけっこう唯一無二なんじゃないかと思います。以前、原爆オナニーズのタイロウさんが、discotortionの3rdについて「こういう音楽をこそメタルと呼びたい」みたいなことを言っていたのですが、わりとその隣人、なんじゃないかしら。かっこいい。

crouka - 10月16日 18:12

King Crimson / Radical Action (To Unseat The Hold Of Monkey Mind) - Disc 2 (Easy Money Shots) (2016)

かっかかかかっけぇー!来日の予習だけして行かないつもりで借りたんですけどいややっべえすね。ちゃんと2000年代以降の音源もチェックし直さないと。インテリジェンスな暴力、を形にしたタイプのロックの最高峰。

crouka - 10月15日 11:00

The Cardigans / Life (1995)

最近、久しぶりに聴きたくなって聴いてみた。ずっと気がついてなかったけど、このアルバム(的なもの、特に1曲目)への憧れ(のようなもの)が自分の中にあることを自覚した。恥ずかしいけど。

olevolevolev - 10月7日 20:37

Korn / Life Is Peachy (1996)

生命活動を維持する為に必要な六つ目の基本機構として存在するTwist

sui - 9月22日 0:19

the hatch / Opaque Age (2018)

今日たぶん4回以上再生していると思う

bombknee - 9月12日 19:23

the hatch / Opaque Age (2018)

いま宇宙一カッコ良いバンドによる宇宙一ヒップなアルバム。TA-1(KONCOS)さん言うところの『北の寒さに狂ったマイルス』という表現が限りなく本質に近いように思いますが、もっとオリジナルな存在です。ライブも人類から半歩ハミ出したようなカッコ良さなんでお薦めです。何度でも観たいなー。

crouka - 9月9日 23:24

Sigur Rós / Takk... (2005)

音の天国。圧倒的な音の膜。7曲目の大曲を聴いたとき、その荘厳さに「え?これが最後の曲じゃないの?」と思ったものだが、8,9,10とその雄大さはさらに増していき、見事なフィナーレを迎える。快感なアルバムですね。

kouen - 8月31日 3:58

Jesus Fever / Dozens Of Great Views (1998)

curlおじさんになっている。テスト用のJSONファイルをもっと楽に作りたい

bombknee - 7月30日 19:55

Coil Presents Black Light District / A Thousand Lights In A Darkened Room (1996)

ドラッグストアの中で通路のど真ん中に突っ立っている爺さんを眺めていたら、目が合って手招きされた。探し物でもあるのだろうか、近付くと爺さん、ニヤリと笑って天井を指差し「エアコン直下」と。二人並んでニヤニヤしながら涼んだ。悪くないわね。今は気に入っている喫茶店の窓際の席で、美味くも不味くもないアイスコーヒーを飲んでいる。いつか窓際の御婦人と呼ばれた店。今日のスカーフは深い青緑色に金糸の刺繍。悪くないわね。

sui - 7月24日 13:30

Kiwiroll / その青写真 (2003)

クソエモくやっていこう。

crouka - 7月18日 17:43

Bruce Dickinson / Skunkwork (1996)

いやーもう最高、カッコイイ。DOIMOIの影響元としても有名(?)なアルバム。ヘヴィ・メタル・ファンだけではなくエモ・グランジのファンが聴くとすげえグッとくるんじゃないかなーと思うんですがいかがでしょう。EnchantとかKing's Xとかと一緒に(まんまDOIMOI杉山さんのリコメンド通りですが...)どうぞ。

crouka - 7月13日 18:02

mugbum / tetrad (2018)

最近ベースの人が時代と逆行した働き方をしているけど大丈夫かな。何処も同じとは言わないけど会社組織とか経営陣は従業員のやりがいを多かれ少なかれ搾取するように出来ているので6割から7割の稼働でやる方がいいよと言ってあげたい。得られる成果は多分費やした時間に見合わない。それに気づくまでに25年ほどかかった。

bombknee - 7月13日 8:14

loading