Reviews :: working (53)

1 2 3 »
Steve Reich / Double Sextet/2x5
仕事中に音楽を聴いていいのならE2-E4もしくはライヒ。
Harem Scarem / Mood Swings
今年の出社日が案外少ない。今週中にどうにかしないと。
The Internet / Hive Mind
見積もりが甘かったせいで予想の数倍の仕事が降りかかった。しかし俺はクールだから澄ました顔してやり過ごす。この音楽のように。
Kiwiroll / その青写真
年に何回かの残業。明日は早く帰る。速攻で仕事終わらすぞ。
SIBERIAN NEWSPAPER / Comical Salute
素晴らしき作業用BGMになってくれるアルバム。イージーリスニング的でありながら音の多さにニヤリとする。ディジリドゥやパーカッションの心地よさも非常に良いが、弦楽器軍団どうなってんのこれ。かるーい感じですごい演奏をしている気がする。
dCprG / Franz Kafka's South Amerika
いやしかし今日の仕事場は大変なことになっていた……「嵐のよう(比喩)」ではなく「嵐(断定)」だった……
Helmet / Betty
急な出費で金欠に。ボーナスまではまあまあタフな状況。しばらくは「どれだけお金を使わないかゲーム」で遊ぶことにする。ヘルメット聴いて勢いを付ける。
浜崎あゆみ / I am...
名曲でしかないなってライブ映像をBGMに仕事してる
Anekdoten / Vemod
月曜日、気持ちはこんな感じ(Vemod)
Rovo / PYRAMID
クライマックスの音の嵐は驚異的で、勝井祐二の高速バイオリンや、ダブルドラマーで奏でられるテンションの上がるドラミングなど最後の数分は聴きどころ満載だが、17分ごろまでのほとんど曲が展開しない部分の心地よさもなかなかのもので、コーラスを交えながらゆったりと紡がれる、ある意味ROVOっぽくない前半も魅力的。
くるり / だいじなこと/忘れないように
サーバーから応答が無くて久々に焦った。復旧手順をしっかりメモした。だいじなこと、忘れないように。
µ-Ziq / In Pine Effect
気になっていたアルバムを東京で見つけたのでやっと聴けた。圧倒的没入感。暗めの浮遊感のあるテクノサウンド主体なのだが、たまに顔をのぞかせるドラムンベース、あるいはジャズ的なサウンドで脳を攻撃してくる。たまらない。テクノにしてはやや一曲一曲が長めの印象で、アルバム自体もかなり長いのでその辺も浸れるポイントだろうか。
Meshuggah / obZen
システムメンテ申し訳ございません…
曇ヶ原 / 独言独笑
サウンドにしても歌詞にしても、フォーク的な暗さ重さを湛えた曲作りになってるわけだけど、豪快な演奏のおかげで気持ちよく聴ける。キーボードとギターサウンドで脳汁が出まくる。
access / CROSSBRIDGE
これが2002年…と震えつつ仕事です
access / Only the love survive
聞いてるのこれなんだけど、普通にかっこいい……となるわけです
King Crimson / Red
なかなかどうしてタフな1日だったけれど無事クリアした。早退。
1 2 3 »

loading