Reviews :: headphones (3545)

« 2 3 4 5 6 »
Vels Trio / Yellow Ochre EP
シンセジャズトリオで颯爽と退勤。
Self Evident / Angular
早朝メロディアスマスロックウィズボーカル。今週も適当に過ごす。
Locust / Red
俺たちのLocustが帰ってきた!って感じ。(パンクバンドじゃなくてMark van Hoenの方)
Truth~路線好きな人はイケる。

※これの一曲め、来日公演でやった気がする…と思ったのは勘違いでした(確認)
ilkae / dismay EP
しばらく色んな実験的なことやってたみたいだけどこれはm3rckで出してた頃のilkae節に戻ってて好き。曲の短さも健在。アルバムも出すそうなので楽しみ。
NUMBER GIRL / SAPPUKEI
びっくりしたのでとりあえず聴いている……
James Tillman / Silk Noise Reflex
柔らかい音楽を聴きながら今週ラスト出社。余裕。
Erimaj / Conflict Of A Man
曲中からたまに美しく不穏なハーモニーが聴こえてきて、そんなときに限って家の鍵かけたっけか、エアコンスイッチ切ったっけか、と心配になる。
Hauschka / A Different Forest
静かで深いピアノの旋律を聴きながら早退。
Steve Vai / Passion And Warfare
鬼のオーバーダブ高速ユニゾンを聴いては感嘆のため息を漏らす。
Soen / Lotus
紛うことなきプログメタル。聴きやすい感じです。バンド名はソーエン?疎遠じゃないよな…
Vulfpeck / Mr Finish Line
ファンクで浮かれて今週も余裕で乗り切る。
Cabaret Contemporain / Séquence collective
メンバー構成はジャズのそれだけど、音は硬質な人力ミニマルトランスナンタラ的な。2拍3連で5拍フレーズポリリズムとかグッときちゃう。
Surface To Air Missive / AV
プログレと高円寺に目覚めたビートルズのような(ビートルズをよく知らないですが)。
Shudder To Think / 50,000 Bc
聴きやすいけれど変なロックではある。好き。
空きっ腹に酒 / 泥.ep
三曲目、ナンセンス・ディスカッションにニガミ17才の岩さんとあくびちゃんが参加してるというのでライヴ参戦+購入(会場限定シングルです)。
どこか少しvoスタイルが似ているのか、一番ユキテロさん二番岩さんが歌ってるのだけどこれがすごくすっと入ってくる&曲調(譜割)はニガミ式でつまり音にめちゃくちゃかっこよく日本語が乗っててだからかっこよくないわけがない。たった三分の曲とは思えないほど色々な要素が詰まり過ぎてて素晴らしい。(他の二曲もよいと思うのですがこの曲の前では霞んでしまう)
何度でもいいたいけどほんと、素晴らしい。
Steven Wilson / To The Bone
今週はロック成分多めでいきたい。
« 2 3 4 5 6 »

loading