Reviews :: skull (78)

« 1 2 3 4 5 »
Music From The Mars / After Midnight
ダーラッダラー ダッダッダラー(結合試験を淡々とこなす俺の脳内で流れるサティスファクション)
Meshuggah / The Violent Sleep of Reason
ゴムナパーズじゃないけど、このリフでめんどくさい仕様を全部薙ぎ倒してほしい…
Beastie Boys / Ill Communication
タフガイだからタフガイ聴いてる。
NICO Touches the Walls / How are you?
インディーズ曲限定ライブで超久々にやったと聞いて聞き直してました。
10年前から知ってるけどほんと良いなぁと未だなれるしリテイクされてもインディーズの時の曲の勢いが無くなってないのが凄い。
GRAPEVINE / Another Sky
明日の準備しないとってなりつつの退勤中である
Nine Inch Nails / The Downward Spiral
映画版『ハーモニー』を観たので。ラストに「Hurt」が流れてたら3000万点あげたのになー。
Fear Factory / Demanufacture
は、腹が嘘なりつつ聞くものじゃないのはわかってるけど聞いちゃう心理に名前つけたい
Magazine / Secondhand Daylight
え? そんな議論したんだったか? 全く覚えてない。『Correct Use of Soap』をその時点で自分が聴いていたという記憶がないです。僕は都合悪いこと(自分の過去のひどい発言の数々)の多くを忘れています、ごめんなさい。『実生活』『中古日光』『石鹸の正しい使用法』『魔術、殺人、天候』どれもカッコいいなー。
David Toop / Ocean Of Sound
このアルバムと、それに続いたデヴィッドトゥープのコンピは、かなりよく聴いてた。多ジャンルにまたがった自分の好きな音楽をひとつのミックスにまとめてくれていて、その世界観が好きだった。なんせ、キングタビー、エイフェックスツイン、マイルス、オーネット、マイブラ、ベルベッツ、ペーターブロッツマン、サンラなどなど、と民族音楽とかフィールドレコーディングがつながっていて、ずっと欲しかったものを作ってもらった感じだった。でもこの10年かそれ以上、気がつくとあまり聴かなくなってた。
理由を考えてみる。このアルバムの世界観を自分なりの言葉にすると「音楽の構造から見た異物、割り切れない残余に大きな価値を見出す」という態度だと思う。だから、謎があり、ノイズがあり、複雑なハーモニーは最後には自然界の音に回帰する、というミックスだと自分は解釈した。でもなー、ここ何年かは、もっと割り切れる、全体の構造がクリアに見えてるもののほうが楽しいんだなあ。どうせ世界は割り切れないんなら、見事に割り切れるものを人工的に作り上げる営為は貴重だし力量も要求される。
自分が世間の流行に一時的に流されてるのか、リスナーとして少し成長した結果なのか、まだわからない。まあここに収められてる人達の音楽は、それでも好きで時々聴くことと思う。
The Buggles / The Age Of Plastic
体調不良で早退。これを小さい音量で聴いてる。電子音はときに癒し。
Date Course Pentagon Royal Garden / Structure Et Force
個々人それぞれの得手不得手と人事異動の関係性について思いを馳せるなど。
Date Course Pentagon Royal Garden / Report From Iron Mountain
本日をもちまして丸一ヶ月休日なし生活がようやく終了致しましたので、脳内エンドロールでMirror Ballsがかかっています。明日は全力で寝ます。
1000say / BABYLON
今日は一日中死んでたのですがようやく浮上。
昨日これ聞いて帰ってたのねとなってる。
可愛いエレクトロロック。
THEE MICHELLE GUN ELEPHANT / ギヤ・ブルーズ
娘の運動会なのに先方の仕様決めがトロくて仕事に行かなきゃいけない。シット。神様仏様アベフトシ様、地獄のカッティングをお見舞いしてあげて。
« 1 2 3 4 5 »

loading